人の話しを聞くことで、癒されたり、楽しんだりしている私

人の話しを聞くことで、癒されたり、楽しんだりしている私

最近、北海道へ旅行する友人が多く、その帰りの度、あれこれと私にお土産を持ってきてくれます。そしてジンギスカンを食べた話とか、一日に何度も露天風呂に付き合わされてしまったとか、本当はステンドグラスのお土産にしたかったのだけど・・とか、いろんなお土産話を聞けることは、お土産品より好物なのです。何しろ、「人の話を聞く」ことは、私の趣味のようなものですから。

 

 そういう私も負けじ(?)と、先日伊豆のツアー旅行に参加してきました。これはすぐ近くのスーパーの企画による格安旅行なのですが、それがまたつまらなくて、つまらなくて、私はよっぽど人の旅行の話を聞いているほうが合っているのでしょう。
 そんなつまらないい日帰り旅行の中でさえ、得られることはあるもので、それは隣に座った同じ年くらいの女性と、話がやけにあってしまったからでした。彼女のほうがお話しが上手なので、私はどちらかというと、質問に答えていく形式で会話が進みました。最初は確か、途中のサービスエリアに寄った後の一言で始まりました。
「何かいいものを買われましたか」

 

「そう思ったけれど、きっとこの先の目的地のほうがいいものがありそうでしたから」そんな、たわいもない会話です。
 聞けば、彼女には孫がいて、毎日その世話に追われる日々だそうでした。仕事も持っていて、毎日があまりにも大変過ぎて、たまにこうして出かけないと精神状態がおかしくなる、そんなことを話していました。けれど、その話の中には一度もご主人のことが語られていないのをちょっと不審に思い、思い切って
「ご主人は協力してくださいますか」と尋ねると、今は別居状態にあるそうでした。そして、それ以前も単身赴任が続いているので、
「私の家って、母子家庭だと思われているに違いないわ」と言っていました。そんな何でもざっぱくらんに話しのできる彼女の人柄に、今回の旅行も救われたのでした。
 また、何事も楽天思考で歩んでいる彼女の話しに、私の日々の疲れも少し癒されたのでした。

 

失敗しない!【写真で見る】おすすめ、人気の発毛剤+育毛剤等の効果ランキング!